FC2ブログ
ロンドン偏食生活「嬢王様の食卓」
好きで来たイギリスだけど、食の好みだけは年々保守的に和食回帰。 ロンドンで繰り広げる「日本のごはん」奮闘記。 時々外食や非和食も楽しんでます♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
ツナバーグ
歩いていけるところにある
日系のお魚屋さんは
お惣菜も売っている。

ハンバーグに目のないわたしが
ここのツナバーグを見つけたのは

きっとディスプレイがよかっただけではないと思う。

というわけで、早速食卓に。

20070731 Tuna Burg


これ、美味しいわ♪


肉食なので、実は心配していたのだけど、杞憂でした。
スポンサーサイト
【2007/07/31 00:00】 | 夕食
サイダー
サイダーはりんごのお酒。

去年、サイダーに偏食したので、
いろいろ試してみたが、

今年もサイダーの季節がやってきた。
(去年よりはかなり遅いけど・・・)

去年試していなかった一本を発見!

20070730 Cider


アップルジュースにブラックベリーの
お酒がまざっているという。


うーん、ということはブラックベリーの
お酒を買えば、アップルタイザーでも
できるって事かしら?


いや、やっぱりブレンドの濃さが
絶妙なんだろうな。

【2007/07/30 00:00】 | おつまみ・お酒
レバノン料理レストラン
Nouraという、漢字を当てたくなるようなレストラン。
和食ではなく、かなり気取った、レバノン料理のお店。

イギリスでの中東風の料理はトルコ、
ギリシャ、キプロスが多い。

レバノンはその首都、ベイルートが「中東のパリ」と
呼ばれたことから、フランスの方が近いと思っていた。

しかし、さすがコスモポリタン、ロンドン。
ちゃんとレストランがあるのよね。

レバノン風ムサカ(なすと挽肉の重ね焼き)

20070729 Noura4




ファラフェル(ガルバンゾー団子)

20070729 Noura2




魚のカレー

20070729 Noura3



レバノン風ソーセージ。

20070729 Noura5



そして突き出し。

このピンクのが色といい、味といい、
どうも大根の紫蘇漬けのようで仕方がない。

20070729 Noura1
【2007/07/29 00:00】 | 夕食
ネギトロ丼
最近、日本が呼んでいるのか、里心がついているのか、
歩いていける日系の魚屋さんに寄ることが多い。

イギリスで出会った国際結婚カップルのなかには
和食を全然受け付けないイギリス人も少なくないらしいが、

幸か不幸か、ウチのは日本の珍味や高級食品の
美味しさを好む、違いのわかりすぎる男。

約10年にわたり、さんざん日本で豪遊&御馳走になって
きたので、これ以上舌を越えさせたくない
(&ヲタクに歯止めをかけたい)ので、

最近ではいかに一人で里帰りするかの口実探しに余念がない。

その魚屋で鮭の頭や、マグロの中落ち、アラばかりを
買っている私の恥ずかしさを彼は知らない。

それもこれも全て、日本の呑み仲間が彼に教えてくれた
「珍味」なのだ。にわかには一流居酒屋と同じものは
出せないのだよ、みんな・・・(涙)


いうことで、たまには日本の偉大なる手抜き料理
「ネギトロ丼」のモトとなる、ネギトロを購入。

安くはないけど、ラクできるならね。

案の定、好評でした★

20070728 Negitoro

【2007/07/28 00:00】 | 夕食
縛ってないリオッハ
解析を見てたら、「リオッハ」というサーチワードで
このブログに辿り着いた方がいました。
いらっしゃいませ、ありがとうございます♪

リクエストにお応えして?!最近飲んだ
リオッハをご紹介しましょう。

もう一度来てくれるかなぁ?

20070727 Rioja


これもリオッハですが、
リオッハの特徴的な
あの金色の網をかぶっていません。


縛られていないリオッハは
自由を満喫しているのか
それとも逃げる力のない
おとなしいリオッハなのか?
【2007/07/27 00:00】 | おつまみ・お酒
ブルペンティールーム
友達が美味しいティールームがあるというので
連れ立って行ってきた。


かわいい黄色いカーテンに、テーブルはどっしりとした木。
同質の椅子には、かわいいクッションが・・・
ああ、迷い込んでしまった、ローラ・アシュリーの世界。

しかし、日本人が美味しいと言うだけあって、味はよかった。

三人とも、サンドイッチとケーキのセットを頼む。
飲み物はもちろん、紅茶。

20070726 Tea



この大きなポットに茶葉がどっさり入っている。
お湯(熱湯)のおかわりを二回頼んだので、平均すると
一人紅茶ポット1杯分飲んだ計算になる。


サンドイッチは、サーモンとクリームチーズのひと、

ローストビーフの人

そしてキワモノ、オイルサーディンの人・・・あ、それ、わたしです。
一切れみんなで交換しましたが、どれも美味しかったです。


ケーキは入ってきたときからコレと決めていた
チョコレートチーズケーキ。

20070726 Cake1




一人はメレンゲ、

20070726 Cake2



もう一人はモカケーキ。

20070726 Cake3


チーズケーキ以外はみんな「寝ている」ことで
どれだけ大きいかわかってもらえるかと思います。



【2007/07/26 00:00】 | ランチ
赤い自転車ワイン
これもラベル買いしたワイン。

20070725 Red bike


なんかとてもフレンチ、といいつつ、
自転車のかごに入れてあるのが
バゲットじゃなければ、

イギリスの郵便配達にも見える。





イギリス男性は、世界各国どこに出しても
恥ずかしくはない。

だから、大英帝国が築かれたのかもしれない。

そして、何故、イギリス男性が現地の女性を
妻としたのか・・・



彼らは自分のオシャレと仕事のことしか考えていなかった
というのは、ある意味当たっているのかもしれない。

【2007/07/25 00:00】 | おつまみ・お酒
パリ2日目夜
地下鉄Reaumur Sebastopolという駅の前にある、カフェにて夕食。

20070724 Paris Tartar


ユッケじゃありませんよ、牛のタルタルステーキです。


とはいえ、本当にユッケに似ている。
特に右上のピクルスのみじん切りをあわせると、
ユッケに漬物で食べてるような気がしてくる。


あー、だからフランスに韓国文化センターがあるのかなぁ?
(www.coree-culture.org)

【2007/07/24 00:00】 | 夕食
パリ2日目昼
ユネスコの本部最上階にある見晴らしのいい食堂にてランチ。



国際機関だから、スゴイのかと思っていたら、
セルフの学食みたいな感じ。

今日のオススメは子羊のカスレ
20070723 UNESCO lunch2

や魚のグリル、レンティル豆の煮込み。


しかし、私は入ってすぐのところにあった
「ステーキとフライドポテト」に惹かれた。

20070723 UNESCO lunch1



なぜフランスに来てまで、こんな薄っぺらいステーキなのか、自分でも
魔がさしたような気もするけど、同席させてもらったフランス人おばちゃん職員によると
「高いくせにマズイのよ~、 サイテー」
だそうだから、何を食べても大差なかったかも。


既に火を通してあるステーキをグリルの上でもう一度温めなおして出す。
何もソースがのっていなかったので「ソースは?」 と催促してかけてもらう。


会計を終えてから、マスタードやケチャップがおおきな樽ごとあるのを発見。

あ、そういうことだったのね。



でも、職員の動きを注意深く見ていたおかげで、お水を買わずに済んだのは我ながらよくやった!と思う。

【2007/07/23 00:00】 | ランチ
パリでの夕食初日
お待ちかね、ですよね?
パリでの食卓です!

初日はホールがワインに詳しい日本人、キッチンはフランス人スタッフという最高の組み合わせのレストラン、
Le Petit Verdot」に連れて行ってもらいました。

フランス人はこういう食べ方はしないのだけど、
どれも試したい日本人なので、 4人でいろいろシェア。

サラダ盛り合わせ。スモークサーモンではなく、フォアグラ!!
これが食べたかったのよ!!

20070722 Salad



フランスといったら、やっぱりこれでしょ?エスカルゴ。
ここのエスカルゴは殻付ではなく、パイの中に入っていました。

20070722 Snail


フォアグラにかまけていて、出遅れました(涙)。
食べたのはほんのヒトクチ。
悔し紛れに、ソースをパンにつけていただきました。


スズキのグリル。ラタトュ添え。
添えというか、敷かれていますが、美味しい!!

20070722 Seabass


自分だったら注文しない料理なので、とても珍しく、新鮮でした。



ここまではボルドーの白ワインで。

20070722 W white


私の好きなソービニヨン・ブランを選ばせていただきました。
本当にフランスはワインの豊かな国。羨ましい。

でも、フランスに1年住むのなら、
前後1年は禁酒しないと肝臓壊しそうだな。


肉に移ります。フルコースならメイン、といったところでしょうか。

20070722 Steak


子牛のステーキ、マスタードソース。添えてあるマッシュドポテトはチーズが練りこんであり、
濃厚、かつ、フォークですくいやすい!!
イギリス人も、こういう気の利かせかたすればいのになぁ・・・
これなら、カロリーが増えても、許しちゃいます。

そして、こちらは子羊の脊髄煮込みスープ。

20070722 Naizo


内蔵モノ大好きなので、喜んでいただきます。


この時は赤ワインに移行。ボルドーの赤ですが、
お料理にとても合い、いい感じです。

20070722 W red



しっかりしているけど、重過ぎない。この微妙さがさすが!


デザートはアイスクリーム。

20070722 icecream


4人でつつきました。


ワインの好みや普段呑んでいる種類などを伝えると、
お料理にあわせて選んでくれる、とてもいいお店です。


また行こうっと。
ハリーさん、いいお店を紹介してくれて、ありがとうございます♪

【2007/07/22 00:00】 | 夕食
みそ汁
人によって評価の分かれるイギリスに長年住めているのは、
あまり嫌いとか、マズイとか思わないからだと思っているんだけど。

そういうイギリスだって裸のシェフ、ジェイミー・オリバーや
ゴードン・ラムジーのレストランが東京に出店したりと
まんざら悪くないじゃない、と誤解と偏見を解いているのに・・・


それでもまだあるのよね。
一体これをどうやったら多少はマシになるのだろう?
と思う味に出会うことが。


久し振りに出会ってしまった(涙)

スーパーで売っていた、この粉末インスタントみそ汁。

20070721 みそ汁




薄いというか、味噌の味がしない。
かといって、お吸い物にしては味がうるさすぎるし、
第一、自ら「Miso Soup」と言ってるからには
みそ汁のつもりなんだろう。


あ、そうか、これに味噌を溶き入れるといいのかもしれない!
・・・ってインスタントの意味ないじゃん。

20070721 みそ汁2


ちなみにこっちは具が少ないけど、生味噌で、
味は普通のインスタントみそ汁だった。

でも日本のメーカーの方が安いから・・・
手持ちがなくなったときの緊急用ってことで。
【2007/07/21 00:00】 | 朝ごはん
サンクチュアリ
聖域、保護区、禁猟区、避難所、庇護という意味。

20070720 Sanctuary


そんな名前のワインだけど、ニュージーランド産だから
禁猟区とか鳥や野生動物の保護区というつもりで
つけたのだろう。


でも、私にとってこのサンクチュアリはワインの庇護。

今日の日記に書いたのとは全く違う方向に
サンクチュアリはあるようですな。うむ。



ミッチーの曲にも「サンクチュアリ」ってあるし。

かなり広い意味を持っているようです。

【2007/07/20 00:00】 | おつまみ・お酒
冷えたビール
ワイン党だけど、たまには冷たいビールが呑みたい時だってある。
ビールがなかったので、 スーパーに買いに行った。


飲み頃に冷えたら、青くなるという缶ビール。
売り場にある時から、水色が鮮やかに目立っていた。


そのスーパーは冷たいビールが売ってなかったので
(気がつかなかったのかも?)
切羽詰っていたこともあり、飲み頃がわかるなら、とそれを買った。

20070719



冷蔵庫に入れて、青くなるのを待つ・・・
けど、全然変わらない。

結局、他のビールと同じように触ってみて確認。

翌日、廃品回収に出す前にもう一度冠を確認。


どこも変わっていない。
一体、どこが青くなるのだろうか??

【2007/07/19 00:00】 | おつまみ・お酒
豚キムチ
いただきものです。ご馳走様です。

20070718


自分で料理をするようになってから、「作ってもらったものは何でも美味しい」が実感できるようになりました。

感謝の気持ちが増えました。

肉じゃがとあわせているところも、なんか日本の秋から冬の献立みたいじゃない?

っていま、7月なんだけど・・・

【2007/07/18 00:00】 | 夕食
焼きそば
焼きうどんを食べている人を見かけたので、
急に焼きうどんが食べたくなったけど、
細い乾麺があったので、焼きそばに。

20070717 Yakisoba


映ってないけど、エビ入ってます。
【2007/07/17 00:00】 | 夕食
チキンカツカレー
20070716 Chicken Cutlet Curry


なんだけど、ちょっと薄くない?

チキンカツっていうか、紙カツだよ。

ポークカツも同じように薄かった。

今度は別なのを頼むことにする!!
【2007/07/16 00:00】 | ランチ
スパニッシュオムレツ
初挑戦!

20070715 Spanish omlette



ジャガイモをゆでて、玉ねぎとマッシュルームを刻んで炒める。

耐オーブン皿に並べて、さいころに切ったチョリソーをのせて、
卵液を入れる。最後に冷凍ほうれん草を一つ。

オーブンと電子レンジで卵を加熱して焦げ目をつけたら出来上がり。

油もあまり使ってなくて、ひっくり返す手間が省けて、
私としてはハッピー♪
【2007/07/15 00:00】 | おつまみ・お酒
久々のヒット白ワイン
20070713 W


この白ワイン、値段の割りに美味しかった!
フルーティーすぎず、かといって料理にも負けず。

どんな料理にも合うのかな?
もう一度買って来よう~♪
【2007/07/14 00:00】 | おつまみ・お酒
なすとツナのドライカレー
上手く行った一期一会料理!
なすとツナのほかには、人参、いんげん、玉ねぎ、椎茸、
にんにくと生姜が入っている。

20070714 Dry curry1


やっぱり味付けに困った時はカレーがいいね。
誰ですか?ウサギにしてるのは?

20070714 Dry curry2

【2007/07/13 00:00】 | 夕食
たまには和風!
どうしてもサバが食べたかったので、スーパーの鮮魚コーナーで
恐る恐る買ってみた。

日本の魚屋さんとはかなりレベルが違うが、
それでも頭を落として内臓を出してもらう。

見た目は新鮮そうだったけど、出された内臓を見てちょっと怯む。
サバは足が速いからねぇ・・・

ま、いいや。生で食べるわけじゃないもんね。はい、サバの味噌煮!


20070712 Saba


付け合せは大根サラダ。

20070712 Daikon


友達の家でいただく大根サラダはとても美味しくて、
真似してみるんだけど、どうしてもあの味にならない。

料理の腕の差ももちろんのことだけど、
作ってもらうってことは最高のソースの一つなんだよね。
いつもごちそうさま★ありがとう。
【2007/07/12 00:00】 | 夕食
インドカレー
いつもお持ち帰りするレストランだけど、一つだけ
まだ試したことのないカレーに挑戦してみた。
それはチーズとグリーンピースのカレー(写真右)

20070711 Curry1


黄色のソースにピーの緑が映えて綺麗なんだけど、
ヨーグルトの甘口ソースが・・・予想外。
写真左にある、ほうれん草とジャガイモのドライカレーでお口直し。


20070711 Curry2


この方も偏食で、いつもピラウライスというインド風ピラフと、
ローガン・ジョシュという羊とピーマンのカレーを楽しんでいます。
【2007/07/11 00:00】 | 夕食
イギリスのスーパーで売ってる中華前菜
20070710 chinese starter


一番近いスーパーの中華前菜セット。
エビトーストが4切れ。
野菜春巻き2本。
揚げシュウマイ2個。

ギョウザはあまり人気がないのか、
本場中国では水ギョウザが主だからなのか、
どの前菜セットにも入っていない。

レストランで単品もない。
あるのは日系のレストランばかり。
【2007/07/10 00:00】 | 夕食
ナッツ
コレステロール値を下げる食事に付き合っている。

食後にチーズが定番だったが、
そのチーズがよくないということで、ナッツに代わった。

20070709 nuts


このナッツ(塩をかけていないミックスドナッツに
ドライフルーツを混ぜている)、やめられないとまらない上に、
おなかの中で膨れるから困る。

数時間前に食べたら、食事なんて要らなくなっちゃうかもね。
【2007/07/10 00:00】 | おつまみ・お酒
ポテトミンス
義母の作ったポテトミンス。

ポテトミンスとはカレー味の挽肉入りコロッケというのが
一番イメージしやすいかもしれない。

ただ、コロッケのように衣をつけないし、揚げない。

既にすべての材料に火が通っているので、
小判型に形を整えたらフライパンで焼く。
そう、ハンバーグのように。

コロッケとハンバーグという大好きな組み合わせなので、
私が嫌いなわけがない。

けど、面倒くさがり屋の私が自分で作るにはハードルが高い。
なので、料理上手な義母がたくさん作ってくれると嬉しい。

20070708 potato mince


今日はトーストの上にのせてみました。

う、炭水化物の摂取過多だ。
【2007/07/08 00:00】 | ランチ
ビーフストロガノフ
日本のビーフストロガノフは、フランスのあるシェフが
創作したというデミグラスソース。

てっきりそれが世界標準だと思っていたので、
このビーフストロガノフを出された時には仰天した。

20070707 Beefstroganof


しかし、日本とフランスのそのレストラン以外の
ビーフストロガノフとはサワークリームベースなんだそうだ。

・・・知らなかった。

最初のうちは料理本を見ながら、すべてきちんと計量しながら
作っていたが、今ではレパートリーの一つとなり、目分量で
そこそこ一定の味が出せるようになってくれた。

これで冷蔵庫の残り物も整理してくれるとかなり
ラクになるんだけどな~。
【2007/07/07 00:00】 | 夕食
水分補給
エコノミークラス症候群が報告されて以来、
長距離の飛行機に乗る時は水分の補給に
かなり気を使うようになってきた。

自分が水分を多く摂る方なのかどうかはわからないが、
冷え症でもないし、むくみもないので、
水分は多めに摂ってもいいタイプなのだ。

それを知ってか知らずか、帰ってきた私を待っていた軽食は、
フルーツサラダ。


20070706 Fruit salad


スーパーでいろいろ頭を悩ませてくれたんだよね、ありがとう。
【2007/07/06 00:00】 | おやつ・デザート
きのこの山限定ぶどう味
私が滞在していた時はシンガポールで明治製菓のチョコレートフェアをやっていた。
主力製品はイギリスと同じだが、この限定モノ。
特にぶどう味というのが気に入ったので、早速お買い上げ。

20070705 kinoko1


ぶどうは私の大好きな果物だし。
色からして赤と白が半々。微妙だ。

20070705 kinoko2


食べてみるとちょっと酸っぱい。
でも、日本のぶどうってこんな味だったような気がする。
すごいな~、日本の技術。

テーマ:イギリス食生活 - ジャンル:海外情報

【2007/07/05 00:54】 | おやつ・デザート
塩チョコ
20070704


日本でこのチョコレートを会社の人たちと試した友人。

「これはお菓子じゃなくておつまみ」というのを聞いて、
呑まない彼女は私のことを思い出してくれた。
それだけでもありがたい話なのに、彼女はそれを送ってきてくれた。
感謝感激。どうもありがとう。

お礼もかねて御報告。

アーモンドに塩がついているので、
チョコレートは普通のビターチョコ。

ビターだけど、日本のチョコにしては珍しく深みがある。
言い換えると、砂糖の量が他の日本製チョコレートと比べて
明らかに少ない。この位の方が、チョコ本来の味が出てきて美味しい。

アーモンドと塩は特別なものは感じなかった。
(ドイツの岩塩使用してるらしいけど、塩マニアじゃないので、
判別不能)

これは赤ワインか日本酒とあわせると止まらなくなりそうです。

ごちそうさまでした!

テーマ:イギリス食生活 - ジャンル:海外情報

【2007/07/04 01:22】 | おつまみ・お酒
イタリアン
近所のイタリアンレストランで平日昼間は「3.99ポンド(約983円)で食べ放題」をやっている。イギリスではこの値段でレストランでランチが食べられると「安い」という。

ピザチェーン店よりも料理(前菜やおかず)の種類が多く、たまに無性に食べたくなる。

20070703 italian1


そして何より、ここの茄子のリゾットが美味しい!!

20070703 italian2


でもね、一枚目の写真の奥の方に映ってるけど・・・ビール頼んじゃうから全然安くないのよ。あはは。

テーマ:イギリス食生活 - ジャンル:海外情報

【2007/07/03 02:13】 | ランチ
ゲイシャチョコ
この謎のチョコレートが存在することは知っていた。

それにしても、ヒドイでしょ?この名前といい、パッケージといい、弁解する気も失せる。

20070702


でも、悔しいことに美味しい。
【2007/07/02 00:00】 | おやつ・デザート
次のページ
プロフィール

偏食の嬢王様

Author:偏食の嬢王様
ロンドン偏食生活の一部である「嬢王様の食卓」へようこそ!
コメントはロンドン偏食生活「目次と日記」にて受け付けています。
言葉にならないけど、伝えたい気持ちがある?もちろん、拍手もWelcome!楽しんでいってくださいね。

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。